コントロールジェルミーは敏感肌でも使える?敏感肌の私が実際に使ってみた!

      2016/10/19

cropped-563254.LINE_-e1476639493952.jpg

ネットや雑誌で取り上げられ、人気が上がってきているコントロールジェルミー。使用感の満足はもちろん、返品保障時の対応の丁寧さでも満足されている方が多いです。

以前から、コントロールジェルミーの評判の良さは知っていましたが、購入に踏み切れない理由の一つに、敏感肌でも使えるかどうかという不安がありました。

私はかなりの敏感肌です。

適当に何も考えず購入した除毛クリームや脱毛ワックスだと肌荒れを起こしてしまい、肌がヒリヒリしてしまうので、炎症起こさずどうにかムダ毛処理をしたい!良い方法はないかな〜と探していました。

調べていると、敏感肌というのは乾燥肌の延長線上で、肌の潤いが足りていないことに原因がありそうです。

そんなときに、天然植物成分が主原料のコントロールジェルミーを見つけて、「これなら自分でも使えるかも」と思って、その場で申し込みました。

そして、注文してから到着までに5日ほどで商品が届き、実際に使ってみることに。

敏感肌ならムダ毛処理から徹底!

ムダ毛の処理の段階から、炎症を抑えたいですよね。カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりって、正直、荒れます。でも、特にカミソリに関しては、やり方次第で炎症を抑えられます。

ご自身で試されている方法って、実際に正しいのかどうか確認したことありますか?

カミソリを正しく使用しても、肌荒れをするのであれば、電気シェーバーを利用する方法があります。

ちなみに私は、付属の説明書にカミソリでの処理法が丁寧に書かれていて試したところ、敏感肌の私でも処理後にヒリヒリしなかったので、コントロールジェルミーの効果を信じてお世話になる予定です。

コントロールジェルミーを使ってみた

ムダ毛の処理をした後は出来るだけすぐにコントロールジェルミーをつけて潤いを与えてください。でないと、みるみるうちに肌は潤いを失っていきます。処理後はすぐにコントロールジェルミーをつけるようにしてください。

入浴後だと、毛穴が開いているのでより効果的です。朝の場合、レンジなどでタオルを温めて、蒸しタオルで毛穴を開かせて使用するのがオススメです。

使用量は2プッシ程度で、使用した感じは、スッキリしていて肌の毛穴に浸透していく感覚で気持ちがいいです。肌にやさしいというのは本当のようで、私のような敏感肌でも全然トラブルは起きませんでした。

なぜコントロールジェルミーは敏感肌でも使えるのか?

一通りコントロールジェルミーを使ってみましたが、敏感肌の私でもまったくトラブルなく十分に使うことができました。夜に使ったら翌朝までしっかり保湿してくれているせいか、肌が荒れにくくなったような気がします。

ここで、なぜコントロールジェルミーは敏感肌でも使えるのか?その訳を説明したいと思います。

敏感肌の人が商品を使った時に肌荒れやヒリヒリするといった症状を起こす原因は下記の5つの成分にあります。

  • 石油系界面活性剤
  • 着色料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • シリコン

これらの成分が肌荒れやヒリヒリといった症状を引き起こしている原因なのです。しかし、コントロールジェルミーにはこれら5つの成分を一切使っていないので、敏感肌の私のような人でも問題なく使えるというワケなんです。

ですが、すべての敏感肌の人に肌トラブルがないというわけではありません。まずは60日間の返金保証期間内で自分の肌に合うかどうかを実際に使って試してみてください。

もしも肌に合わなかったら期間内であれば解約することができるので、試してみて損はないと思います。私の敏感肌を軽減してくれたコントロールジェルミーなので、あなたの敏感肌での悩み解決のきっかけになると思いますよ^^♪

コントロールジェルミーを購入する前に読んでおきたい関連記事 

コントロールジェルミーに含まれている成分と効果を徹底検証
コントロールジェルミーに含まれている抑毛成分のスゴい効果!
コントロールジェルミーを注文してから解約までを徹底解説!

 - コントロールジェルミーの口コミ